子宮体がんについて

子宮体がん検査のイメージ写真

子宮体がんは、子宮の内側にある子宮内膜から発生するがんであり、子宮内膜がんとも呼ばれています。
発生の仕方には2つのタイプがありますが、いずれの場合も最も多い自覚症状は不正出血です。
子宮頸がんに比べ、子宮体がんになる年代は比較的高齢のため、更年期あるいは閉経後の不正出血があるときには、特に注意が必要です。

習志野市の子宮体がん検診

習志野市で行う子宮体がん検診は子宮頸がん検診と同時に行います。

対象となる方は問診の結果、不正出血の症状がみられるなど該当する方のみです。
子宮頸がんと同様に医療用の小さなブラシを用いて子宮の内膜から細胞をぬぐう細胞診による検診です。